TOPページ >  作業服豆知識一覧 >  ユニフォームのメリット

ユニフォームのメリット

ユニフォームのメリット
工事現場から製造業、事務業やサービス業にと、さまざまな職場で重要な役割を担うユニフォーム。そのメリットをまとめました。



工事現場から製造業、事務業やサービス業にと、さまざまな職場で重要な役割を担うユニフォーム。
そのメリットを充分に理解し、ユニフォームを上手に活用していくことが、より成熟した作業環境への第一歩といえるでしょう。

事故・災害に備えて。
日々働いていくうえで最も大切なこと、それは安全であること。建築や土木工事の現場で、ヘルメット・安全靴の着用が義務づけられているように、その職場に適したユニフォームの着用は、作業中に起こりうる事故・災害への対策として、大きな効果 を生み出しています。

効率の良い作業のために。
例えば、動きやすいよう上下一体のつなぎ服をユニフォームとする自動車整備会社。また品質安定を考え、帯電防止ユニフォームを着用する電子機器製造など、目的に応じたデザイン・素材のユニフォームは、すべての企業が目指す作業効率の向上にも効果 を発揮します。

規律ある作業環境の形成に。
“ユニフォームを着ると気分が変わる”という人が多いように、公私を明確に区別 化し、企業としての一体感を強く意識させてくれるのがユニフォームの一番の特性。それにより業務へのモチベーションやモラルは向上し、より規律ある作業環境の形成へとつながっていくのです。

企業を表現する顔として。
サービスを目的とした接客業務の際、第三者にひと目で立場や業務目的を伝えることができる象徴性の高さもメリットのひとつ。デザインを統一したオリジナルなユニフォームは、いわばその企業イメージを表現した顔であり、認知度を高めるための大切な要素です。

このページの著作権は株式会社自重堂さんにあります。
当社は株式会社自重堂さんの許可を得て、編集、掲載しております



アイテムから探す

  • [kobe-sanuki]サヌキグループ
  • 社長ブログ

OSMC優秀実践者賞受賞店

PAGE TOP

アイテムから探す


kobe-sanuki 神戸の作業服屋サヌキ