TOPページ > 作業服豆知識一覧 > 静電服・静電靴(静電気帯電防止)

■サイト統合のお知らせ
2015年12月、帯電防止JIS T8118合格商品専用サイト静電服(seiden-fuku.jp)、帯電防止靴専用サイト静電靴(seiden-kutsu.jp)は当サイト(神戸サヌキ本店)に統合いたしました。
ブックマーク(ブラウザのお気に入り)登録の変更をお願いいたします。
今後とも変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

静電服・静電靴(静電気帯電防止)

静電服・静電靴(静電気帯電防止)を集めました。規格の説明、主な商品の一覧などを掲載しております。

静電服・静電靴(静電気帯電防止)

静電服・静電靴(静電気帯電防止)
静電服・静電靴(静電気帯電防止)の全体説明
帯電防止
JIS規格T8118
IEC規格
静電靴
JIS規格T8103
帯電防止作業服JIST8118について
JIS T8118の基準では静電気帯電防止素材を使用するだけでなく、通常使用で外部に露出している付属品に金属を使用していてはいけないことになっております。
IEC対応ユニフォームとは、表面抵抗値が1.0×10の12乗(Ω)以下であることが求められており、電子部品等の製造物に対する静電気の影響を少なくすることを目的にしています。 2010年(平成22年)5月25日に改定になった静電気帯電防止靴 JIS T8103規格についてその適用範囲、種類及び記号、用語及び定義を抜粋で記載しました。また、3代目尾藤唯之の解釈も記載しております。
JIST8118合格商品 IEC61340-5-1適合商品 JIS T8103合格商品
静電気発生のメカニズム 工場での静電気の
発生源とその対策
二つのタイデン
(帯電、耐電)
静電気はいつでも発生します。静電気発生のメカニズムを簡単に説明します。 電子産業では製造工程での静電気による製品不良が問題となります。工場における静電気の発生源は、1)人 2)機械 3)材料 の摩擦や剥離によって発生します。 日常、略して「タイデン」という言葉が使われる時には、正帯電防止(静電気帯電防止用安全・作業靴)のことを意味する「帯電」を指すときと絶縁靴を意味する「耐電」を指す時があります。
     
 
ESDコーディネータ 静電服・静電靴
着用テスト
 
(財)日本電子部品信頼性センター(RCJ)が認証する静電気対策のプロとしての資格です。サヌキには代表者の尾藤唯之がESDコーディネータの資格を持っております。 帝人さんの研究所で静電服、静電靴の静電気がたまりにく効果を体験しました。  


主な静電服(JIS T8118合格商品)

  • 春夏用ズボン

    定番作業ズボン。春夏用薄手生地使用

    春夏用ズボン

  • 秋冬用ズボン

    定番作業ズボン。秋冬用厚手生地使用 です。耐久性が高いので年間を通して着用する方も多いです。

    秋冬用ズボン

  • 秋冬用カーゴパンツ

    膝の横にポケット付。カーゴポケットが重宝します。

    秋冬用カーゴパンツ

  • 防寒ブルゾン

    裾部分を絞ったタイプ一番人気のアイテムです。

    防寒ブルゾン

  • 防寒コート

    腰まである長いタイプ。寒い作業現場での作業に最適です。

    防寒コート

  • 防寒パンツ

    足元も暖かく、寒い作業にこの1着

    防寒パンツ

  • 秋冬つなぎ服

    上下がつながった服。続服、エンカン服とも呼びます。
    秋冬用に厚手生地を使用

    
秋冬つなぎ服

  • オンラインカタログ
  • サヌキスタッフ

アイテムから探す

  • [kobe-sanuki]サヌキグループ
  • 社長ブログ

OSMC優秀実践者賞受賞店

PAGE TOP

アイテムから探す


kobe-sanuki 神戸の作業服屋サヌキ